ヒプノセラピーとは?

うつ病。引きこもり。もうひとりの自分。

ヒプノセラピーの可能性

ヒプノセラピーの活用と可能性

潜在意識から…

ヒプノを利用してトランス状態になると潜在意識との交流が可能になります。
もちろんピプノを使わなければそれができないわけではありません。
そのためのワークや瞑想なども数多く研究されてきました。
 
しかし人によってはヒプノはかなり便利なツールとなります。
何といっても潜在意識の直接体験ができるのですから。
ふだん目に見えない自分の無意識層や深層意識が感じれたり見れたりすることは非常に大きなツールとなり得ます。
 
 うつ病やひきこもり、摂食障害などの原因となっている無意識下にある隠された感情や思考。

それがいったいどんなものであるのか。
それがどういった状況下において作られてきたのか。
どういった体験によって無意識にその核となるプログラムをセットしてしまったのか。

ヒプノを使うとそういったことを潜在意識に聞くことも可能です。

それを利用して問題解決にアプローチする方法がヒプノセラピーです。


自分が持つ力の使い方をどう変えるkとによって問題が解決可能なのか。
それにさえ潜在意識は応えてくれます。

もちろんそれだけですべてが解決するというのは短絡的な考え方ですが。

しかしヒプノには使い方によっては想像もできないほどの可能性があります。


  
初めてヒプノセラピーの話を聞いた人は・・・
そんなこと本当にできるの?
怪しいんじゃないかな…

そんなふうに思われる人のほうが多いとは思います。
けれどそれは人間の潜在意識の仕組みを知らないからです。
自分の自分の中にそれを理解する方程式や情報が不足しているからこそそう感じてしまうに過ぎません。

ヒプノセラピーとか催眠というと、テレビ番組で見せられているような催眠ショーを思い浮かべる人がほとんどです。
また、過去世退行やそんなことばかりがヒプノセラピーだと勘違いしている人が多いのも事実です。
しかし本当はヒプノ技術と心理学的な知識・対応力・セラピーは別のものです。
単にトランスに導入できるスキルを持つことと、それを利用して問題を解決する心理療法とはまるで違う次元の話です。

考えてみてください。
本当にあったのか、それとも潜在意識にあった記憶や感情を利用して作られたか判断のつかない過去世を見せられたからといって何が変わるのでしょうか?
もちろんそこで受け取る情報が役に立つこともあります。

それもまた潜在意識からの情報ではありますので実力のあるヒプノティストはそこから現在の問題点や問題解決のヒントを受け取ってクライアントのサポートをすることも可能です。
しかしそれを読み取るには心理学的スキルや潜在意識構造を理解している必要があります。
 
高額な料金を払って過去世療法やインナーチャイルド療法などをメインにしたヒプノセラピーを受けたという人がたまにお越しになります。
そしてほとんどの人があやふやな体験と何も変わらない現実に失望しています。

中にはヒプノによって潜在意識からの情報をビジュアル的に視覚化できたという人もいますがその先の問題解決に至ってはいない場合が多いのも事実です。

ヒプノは単なる技術です。
それを使って何をするかが非常に重要になります。
もちろん過去世療法のすべてが胡散臭いものではありません。

 しかし単に過去世もどきを見せることが目的になっているだけのヒプノセラピーがあることも事実です。


ヒプノとはもっとはるかに現実的で実戦的効果を期待できる技術です。

もしあなたがヒプノセラピーを自分の問題解決に使いたい場合は、ヒプノセラピーによって得た情報をどう受け取って、さらにそれを自分の現実を変えるためのひとつとして活用することを考えてください。

そのために必要な無意識や潜在意識の理解をじゃまくさがらないでください。

どんなことも自分から動かなければ何も得られません。

変化を望むのも、変化を起こすのもはあくまで自分自身です。

 

ヒプノとはあくまで技術です。

しかし潜在意識の仕組みを知ったうえでそれを活用すれば大きな成果が得られます。

そして ヒプノにはさまざまな利用の仕方があります。
今まで気づかなかった自分の新しい可能性や才能に気づくことなども可能です。
潜在意識からのヒントを受け取ることで、今までとは違う可能性や解決方法に気づき変えてゆくこともできます。

ここに来てヒプノセラピーを受けられる人は、何か問題解決を望まれている方の場合はまず苦しみの根本原因となった出来事や体験を潜在意識の力を借りて確認します。

記憶の退行や感情や思考を映像化して受け取る方法です。

場合によってはその出来事に対する意味づけを変える(NLP的にいうと)作業も行います。

思考パターンへの気づきと、そこから受け取る新しい可能性を開くことを目的として。

けれどそれはあくまで自分がその情報を基に自分を変えてゆくためのサポートとしてです。

それだけですべてが変わるわけではありません。

大きな変化の第一歩となる確率は高いとは思いますが。

 

そしてその後は自分の深層意識を体験してもらう場合もあります。

そこに行くと自分の本質のエネルギーを体感できます。

何も恐れていない。

何の不安も持っていない真の自己を体感されることになります。

自分がこの人生に本当は何の不安も持たずに、望むままの表現と体験を求めていることが理屈を超えてわかることになります。

その体験から得られる最も価値あるもの。

それは自信とは何かを理解するということです。


そして長期滞在されている人達にはセルフトランスできるように仕組みと方法を伝えます。
何故なら、自分でできるということが非常に有効だからです。
無意識の仕組みを知って、自分で自分自身を望むように動かせるようになる。
そのことが何より大切だからです。
 
うつ病や摂食障害の原因となる無意識下での問題や過食やひきこもりの原因となる内面的葛藤や抑圧は誰かに命令されてやっているわけではありません。

誰も好き好んで悩んだり苦しんでいるわけではありません。
しかしそれらはすべて自分の無意識に理由があって行っています。
だからこそ自分の無意識を理解できてそれをコントロールできることが改善にストレートにつながります。

何よりも自分を思うように動かす技術が必要です。

そのために潜在量意識を直接体験できることは有効的な体験となります。
そしてヒプノはそのための入り口として非常に便利なツールです。

 

 

ホームへ